男女関係なく誰しも自分の話を聞いて欲しい法則!

男性・女性関係なく、人は誰しも

「自分の話を聞いてほしい…。」
「自分のことをわかってほしい。」

と感じているものです。

その思いを満たしてあげると、人はその人に対して、「特別な存在」として意識し始めるのです。

もし、真剣に考えているのであれば…タイトルのとおり、「話を熱心に聞いてくれる女性に男心は惹かれる」法則をうまく利用すれば・・・好きな人と両想いになりやすいので、知っておいてくださいね^^

そのためには、まず男性の話に対して、熱心に聞いておくことがポイントになります。…とはいっても、ただ聞いているだけじゃダメ。男性から、「俺の話を聞いてくれているな・・・。」とすぐわかるようなサインを出すことも大切なのです。そのサインとは・・・。

熱心に聞く(フリをする)ためには?

タイトルを少し間違えてしまいました^^;
話を元に戻します。

男性の話を熱心に聞くためには、「ええ。」とか「ふーん。」など、そっけない言葉はダメ。「はい、はい。」は論外。このような言葉は、かえって男性の機嫌を損ねてしまいます。

それよりも、相手の話が「。」で終わったら、「うん、うん」。「へ~。そうなんだー。」と相手の話の腰を折らないように言うのがベスト。さらに、「聞き上手は、話すと聞くのバランスが絶妙!」で紹介したようなテクニックを利用するのも手。

さらに、前のめりになって、「私はあなたの話を聞いていますよ。」という姿勢を取ると、男性も「自分の話に関心を持ってくれている。」と感じて、話しやすくなることでしょう。

個人的な話ですが…

私も知り合いやサイトのお付き合いなどで、イロイロな方に相談される機会があるのですが、私も相談されることや話を聞くことが得意というわけではありません。

話を聞いても、私の経験から「○○したほいがいい。」「○○をなんでしないの?」といった言葉をいうのが苦手なので、「いいアドバイスはできないかもしれないけれど、話ならいつでも聞くよ^^」ということをあらかじめ言っています。

相談事に対しては、結局、最後は自分で決断することがほとんど(…っていうか自分で決断しなければいけないので)たいていの場合は、ただ意見を聞いて欲しいケースが多いことだと思います。話すことによって、悩みが解消されたりすることがあるんですよ^^(心理学用語でカタルシス効果といわれています。)

だから、無理してアドバイスしなくても「うんうん。」「そうだね。」だけでも充分、聞き上手になれますよ。それからレベルアップして「そっかーそれは大変だね。」「それは難しいよね。私だったら、どうするのかな。」なんて言葉をいうこともあります。

ちなみに、私が産業カウンセラーの講習を受けていたとき、実際にカウンセリングをしている先生から受けた簡単なアドバイスは、『カウンセラーの方の「うなずき」は、とても大きいんですよ。うなずきを大きくすることで、相手がわかってくれているんだ。という気持ちになるんですよ。』と教えてくれたことがありました。

小手先のテクを磨く前に、カウンセラーさん並に大きく頷くってことも、大事なポイントかも。聞いてくれていると思うと、人って安心して、ペラペラと喋るようになりますから。

※カウンセラーの講習で得た知識も今後、話の中に入れていきますね^^

 

あなたの「魅力」を好きな人にうまくアピールできますか?
自信を持って伝えることができますか?

恋愛テクにこだわり過ぎてもダメ。

【メンタル】に目を向けていない人もいますが、恋愛もコミュニケーションのひとつ。メンタルときちんと向き合い、見直すことで恋愛は大きく変化するのです。

>恋愛診断はこちら!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. たとえテリトリーを侵されてもOKな人・NGな人 いつもは気にならないBくん…
  2. あまり気にしていなかった異性に自分の悩みごとを話をしていたら仲良くなった。特別な存在になった。このよ…
ページ上部へ戻る