思い切って想いを告げたのに彼から出た傷ついた一言は?

「たぶん大丈夫!」と思って積極的にアプローチしたのに、ただの勘違いで悲しい想いをしてしまった…。と言う経験をした人も多いのではないでしょうか?

 

「恋は盲目」と言う言葉があるように、好きな気持ちが高まりすぎて、まわりが見えなくなってしまうものです。ふだん、冷静沈着な人に限って、驚くような言動を取ってしまうのが恋愛のスゴイところですよね。

 

さらに『両想いだと思っていたのに…振られた』これってすごく精神的にキツイですよね。

 

毎日、仲良く話しているし、いつも思わせぶりなことを言ってくれている。「告白はしてくれないけれど、きっと両想い」という勘違いになってしまうのは、仕方のない流れ。そういう男性は女性からモテるので、じつは恋人がいた-なんてことも結構あるんですよね。

 

そこで、今回は「告白をしたときに断られたショックな一言」についてまとめてみました!

Sponsored link

1.いい人だけど…

「いい人だけど…付き合えない!」なにそれ!内面は認めたけれど、外見がダメってこと!?そういいたくなる一言です。つまり、最初から恋愛の対象になっていなかったという厳しい現実を突きつけられた気持ちになるんですよね。(私の体験談ですが^^;)

 

告白する前の「ひょっとしたら…」と言う気持ちはなんだったの?というむなしい気持ちだけが残るセリフですよね。

 

また、「もっと、いい人がいるよ。」「僕よりもっとふさわしい人がいると思う。」なんて、こちらが傷つかないように言ったかもしれないけれど、トドメをさしてくれるキツイ言葉ではないでしょうか。

2.好きな人がいるから…

そんな中、まだマシなのが「好きな人がいるから…」「彼女がいるんだ。」というセリフ。確かにショックを受けますが、「すでにいい人がいたんだ。」と諦めもつきやすいので、立ち直りもすぐにできそうです。

 

相手がこちらの気持ちを配慮してくれているつもりのセリフだと思うんだけど、逆に傷ついてしまうセリフになってしまうことも多いです。

3.元カノとよりを戻した!

学生時代に片思いをしていた先輩に思い切って想いを伝えました。先輩には彼女がずっといたのですが、「別れた!」という情報を入手したため、チャンスだと思い告白しました。

 

すると、先輩から、「実は、彼女とよりを戻したんだよね…。」と言われてしまいました^^;

 

さらに、私が先輩のことを好きだということは先輩のまわりのたくさんの人達が知っていて、先輩の耳にも入っていました。「ずっと想ってくれてるのに応えられなくてごめん…。」と言われ、恥ずかしいやら切ないやらで傷ついたのを覚えています。

4.友達としか見えない

私が高校生のときでしたが、違うクラスの男子に片思いをしていました。なんとか友達に紹介してもらい、何回か放課後に一緒にでかけたり、休日に遊んだりしていたんですよね。

 

当時の私はシャイだったので、なかなか直接告白が出来ず、ある日電話で告白をしました。

 

しかし、「前は気になっていて好きだったけど、今はもう友達としか思っていない。」と言われてしまいました。もっと早く告白すれば良かったのかなと思い、当時、切なくてかなり傷つきましたね。

 

[ hana-code-insert ] 'iken' is not found

学生の時に大好きだった彼、初めての大学生活で行動範囲も広がり大人デートも繰り返していた彼に勇気を出して告白。すると、まさかの「え、俺のこと好きだったの?!俺全くそんなつもりなかったんだけど」の一言。

今まで繰り返していたデートはなんだったのかと、、彼にとってはたくさんいる女友達のなかの一人でただのデートごっこに過ぎなかったみたいです。(20代・ビアンさん)

5.意味わからない

彼とは何回も2人きりでデート(私はそう思っていた)をし、毎日連絡もとっていました。もちろん私からばかりではなく、彼からのお誘いも何度もありました。

 

そんな関係がずっと続いていたので思い切って好きだとメールで告白したのですが、なんと返ってきた返事は「意味わからない」だったのです。全く意味がわからないのはこっちのセリフです。

 

その後も何事もなかったかのような感じでしたが、断られた方がよかったです。

6.仕事が忙しいから…

「付き合いたい」と想いを伝えたけれど、彼から「俺、彼女はいらないんです。いま仕事が忙いから。」と、【仕事>私】の現実を突きつけられた意見もたくさんありました。

 

とある女性の体験談では、彼が管理職で、朝から夜遅くまで仕事をしているので、仕事が忙しいことは理解をしているものの、仕事を理由にフラれたのは、さすがにショックだった…なんてことも。

 

わかる…わかるけど…ね。

 

[ hana-code-insert ] 'iken' is not found

中学生の頃当時通っていた個別指導塾の講師(20代後半の男性)のことが好きでした。 毎週授業をしてもらうたびに想いが募り、バレンタインのタイミングで手作りのチョコレートと一緒に「好きです。付き合ってください。」と告白の手紙を渡しましたが、彼から出たのは思いもよらない言葉。

「ごめんね、君のことは可愛いと思うけど、やっぱり生徒としか見えないから」と言われてしまい、とてもショックでした

7.親友のほうが好きだと言われた!

ChieChieShuftiさん、大学時代に、ずっと片思いをしていた人気者の友人に告白したら…「ごめん。実は、Yちゃん(私の親友)が好きで、告白しようと思っている。」と断られたそうです。

 

その1週間後、二人が付き合い出し、すごく傷ついたそうです。

 

その親友は、私のことを応援してくれていたはずなのに、人気者に告白されたのが嬉しくて、付き合うようにしたようで、しばらくきまずい関係が続いたとか。恋愛あるあるですね^^;

 

[ hana-code-insert ] 'iken' is not found

同じ趣味の仲間で、知り合ってから週一くらいのペースで顔合わせ、趣味仲間ねなかでも、より話も良くするし仲もいい方でした。

私は彼の存在が気になっていたので、アピールしていたつもりでしたが、2年くらい経ち、2人っきりになり、なぜかそのとき2年間の思いを伝えたら… 『え、そんなふうには思ってなくて、Nちゃんとの仲を取り持とうとしているのかと思ってた』と、言われました。

私が、仲良くしていた別の女の子と、彼をくっつけようとしていると思われていたようです。それから、誰とでも仲良くするのを控えるようになりました…。(20代・wainさん)

8.俺、彼女いるから…

tomotoさんの投稿なのですが…

気になる人がいたので、二人で飲みに行ったり、向こうからデートに誘われることもあったので、何度目かのデートの時に告白したら、「彼女がいる」とふられたそう。

 

どうやら、彼は自身の彼女とは二年くらいの付き合いで、マンネリしてきたところだったので、好意を寄せてくれる相手と浮気にならない範囲で遊びたかった…ようです。

 

最低な男に利用されたことが悔しい~!!!!

 

という叫びが…!
これはさすがに悔しい体験ですね!

9.…誰?

mimacoonさんの投稿です。

高校の先輩に憧れていて、当時、私によく構ってくれていて「俺には(お前が)妹みたいな存在だ。」と自負していました。人気のある先輩だったので、周りから羨ましがられていて、少し得意になっていました。

 

何年か経って、他の先輩の結婚式の二次会で再会したとき、先輩に憧れていたことを伝えると「ごめん、名前なんだっけ?」と聞かれて、立ち直れないほどショックでした。

 

告白とは違うかもしれないけれど、記憶の中に存在しないなんてショックですよね^^;

 

[ hana-code-insert ] 'iken' is not found

高校3年生の時、学生生活最後のバレンタインに、1年生の頃からひそかに片思いをしていた別クラスの彼を、友達の友達に頼み、なんとか体育館裏に呼びだすことに成功しました。

手作りのチョコを渡して思いきって告白をすると、彼からの返事は想像とはかけ離れていたものでした。「ありがとう。でも、友達経由しすぎて呼ばれても、正直だれって怖かったわ」 の返事が。

yesでもnoでもない返事は未だにトラウマになっています。(20代・いえりんさん)

番外編.告白することすら拒絶された…

ちょっと番外編。

 

miyabuさんの体験談なのですが、彼に告白しようとデートに誘って、夕飯を食べあと、別れる前に告白しようとした次の瞬間、私が告白する言葉を発する前に相手から「今は勉強や仕事の方が忙しくて彼女を作ろうと思ってないんだよね。」と告白することさえ拒まれた…という衝撃の内容が。

 

彼も告白される雰囲気を察知しての発言だったかもしれませんが、告白さえ拒まれるということに、当時のmiyabuさんも大ショック!

 

この瞬間のために準備をし、この日1日を過ごしてきたと思うととても傷ついたそうです。せめて想いは告げたいですよね…。

その他

いろいろなシチュエーションがあってまとめられませんw
なので、その他はここでまとめておきます。

[ hana-code-insert ] 'iken' is not found

学生時代に、すごくルックスのいい同級生に告白したことがあります。 私も面識のある何才も年上の人を好きになっていたそうで、断られたのですが、 「その人のこと、いじめないでね。」 と言われてしまいました。

「そんなことするわけないでしょう! そんな人間じゃありませんから!」 と心の中で言いました。 傷ついたような、腹立たしいような思い出です。(30代・モンチッチさん)

高校の頃、ちょっとイタい子だった私は好きな同級生の前で不思議ちゃんぶっていました。

どんな感じだったかというと「きゅうりってカメムシみたいな味するよね」とか「こないだ飲んだジュースがおじさんみたいな味だったよ」など。(ちなみにおじさんみたいな味とはそのジュースがおじさんが使うヘアトニックみたいな匂いだったことを意味します。)

当時はそれがかわいいと思っていたのですが、それは大きな間違いで告白した時に「嫌いではないけど好きでもない」と言われました。

極めつけに「発言がバカっぽいから」と。当時は憤慨しましたが、今になって思い返せば「ですよね…」って感じです。(20代・ですよね~さん)

「ありがとう、自分も●●(私)さんのこと好きだよ! 」「職場のよき友人としてだけど…」 彼が退職する事になり、最終出勤日にメッセージで伝えた言葉。

少し話の流れで伝えてしまった自分も悪いとは思うけれども、答えはやはりフランクで 自分自身の語彙力の無さと彼の鈍感さに傷ついた瞬間でした。

また、その後入れ替わり出勤だった私を見て、彼が放った一言は 「俺の事好きなんでしょ~~~!」 いうんじゃ無かった…。と思いました。(20代・ころもちゃんさん)

まとめ!

つらい告白体験、結構みんなしているんですね^^;
友達と話していて盛り上がっちゃいました!

 

「告白したのはいいけれど…遠まわしすぎて伝わらなかった」
「酔った勢いで好きでもない人に告白をしてしまった」
「告白の時に緊張してかみまくった」
「独身だと思って告白したのに既婚者」

などなど、本当にいろいろあるんですね。
みなさんはどうですか?

 

あなたの「魅力」を好きな人にうまくアピールできますか?
自信を持って伝えることができますか?

恋愛テクにこだわり過ぎてもダメ。

【メンタル】に目を向けていない人もいますが、恋愛もコミュニケーションのひとつ。メンタルときちんと向き合い、見直すことで恋愛は大きく変化するのです。

>恋愛診断はこちら!

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. たとえテリトリーを侵されてもOKな人・NGな人 いつもは気にならないBくん…
  2. あまり気にしていなかった異性に自分の悩みごとを話をしていたら仲良くなった。特別な存在になった。このよ…
ページ上部へ戻る