彼氏を嫉妬させたい!嫉妬が愛を引き寄せる♪恋愛テクニック満載

長く付き合っていると、関係が安定してきますよね。

付き合った当初は、「私のこと本当に好きなのかしら」という疑いから始まり、「彼は何をしたら嬉しいと思ってくれるのかな」「何をされたら怒るのかな」など、いろいろ試行錯誤と工夫を繰り返すことでしょう。

けれどお互いに「好き」をきちんと確かめ合って、安心し合って、付き合い歴が長くなってくると、だんだんとその「安心」に不安を覚えてくることもありますよね。

「安心」することで感じる「不安」・・・。

一見して矛盾しているようですが、人間は何かしら現状に欠点を探したくなるものです。100%安心しきってしまうと、今度は「安心していて良いのかしら・・・何か見落としてはいないかしら」とアラを探しがちなのです。

あるいは別の人は、「このまま現状にアグラを掻いているわけにはいかないわ。さらなる高みを目指さないと」と、現状から抜け出して向上を望むかもしれません。

恋愛にとって「ヤキモチ」「嫉妬」は、日常のスパイスとなります。

イイ女は、恋愛テクニックを上手に使いこなすものです。「恋愛テクニックを使うのなんて、片思い中の女性とか、彼氏とうまくいっていない女性だけでしょ?私は彼氏とラブラブだし、別に必要ないわよ」・・・なんて、そんなことはありません。

彼氏と、100%隙がないラブラブ状態であっても、彼氏を軽く嫉妬させることでさらなる心の結束が期待できますよ。時にはスパイスを入れて軽く刺激をしてみるのが、長続きする恋愛の秘訣なのです(^^)

1.嘘でも良いので、他の男性の影を匂わす

「彼女とは、ずっとラブラブ。彼女はいつも俺に『大好き♪』って言ってくれているし、100%俺にゾッコン」と安心しきっている彼氏に、スパイスを投入してみましょう。

浮気に走りがちな男性が多い理由の1つとして、「彼女からの愛を、ちゃんと分かっているから」ということが挙げられます。

「自分は彼女にベッタリと愛されている」という自信があるからこそ、「ちょっと寄り道してみよう。そしてまた彼女の元に戻ってこよう」というフラついた気持ちを起こさせることがあるのです。

そんな男性の本質に事前に歯止めをかけるためにも、他の男性の影を匂わせてみることをおすすめします。

例えば嘘でも良いので、「昨日、駅前でナンパされちゃったの!アドレス教えてってしつこくて100メートルくらい付いてきたんだけど、どうにか断ったよ~!」などと伝えてみましょう。

あるいは「職場で年下の男の子が入ってきたんだけど、私と趣味が同じで、すごく話が盛り上がったんだ!」などでも良いでしょう。

その話が、嘘だって良いのです。彼氏を「ん・・・?!」と思わせるのには丁度良いです。軽く嫉妬し、軽い危機感を覚えた彼は、あなたを手離すまいとして一層あなたに入れ込んでくれること請け合いですよ。

しかし嘘とは言え、くれぐれも「軽度」の話にしてくださいね。

「つい、ホテルまで一緒に行ってしまった」「ナンパしてきた人とアドレスを交換してしまった」など、「おい!ちょっとどういうこと!」と彼が怒り出しかねない話はやめておきましょう。

あくまで、軽度のものにしてくださいね。軽いヤキモチであれば、恋愛のスパイスとなり良い効果をもたらしますよ♪

2.社会人サークルに入る

彼氏を嫉妬させる別の方法としては、社会人サークルなどをおすすめします。例えば吹奏楽団、英会話サークル、社交ダンス教室・・・など、男女混合で何かを行うサークルが良いです。

そしてそこには、あなただけが加入しましょう。彼氏と一緒に加入、はNGです。彼氏の知らないところで男女混合で活動しているあなたに、彼はヤキモキすることでしょう。

どんな男性と、どんな話をしているのか?自分の彼女が、他の男性に目を付けられたりしていないか?・・・など、想像すればキリがありません。

どんな場所でどんな活動をしていようとあなたが他の男に振り向くことのないよう、彼はますますあなたを離すまいとしてくれることでしょう。

Sponsored link

3.メールの返信を少し遅らせる

大好きな彼氏からメール!・・・嬉しくてつい、すぐに返信してしまいますよね。その気持ち、よく分かります!

でも、彼氏を嫉妬させたいのでしたら、メールの返信を遅らせてみましょう。もちろん、毎回ではなくて構いません。例えば10回のメール往復に対して1回くらいは、3~4時間空けてみても良いのではないでしょうか。

その時間、彼は不安になることでしょう。「なぜ、いつもはすぐにメールを返してくれたのに、こんなに時間が空くんだろう・・・。何をしているの?どこに居るの?誰といるの?」など、あらゆる想像を巡らすことでしょう。

「あなたの行動をすべて報告する」「彼の行動をすべて把握している」という「相互完全理解」の関係も、実に素晴らしいものです。しかし彼氏を嫉妬されたいのなら、あえて「彼が知らない時間」を作ることが有効ですよ。

あなたのことを100%掌握できていないという状況を作ることで、彼氏が「ラブラブな関係に安心しきる」という状態を防ぐことができます。

自分の知らないところであなたが過ごしている「空白の時間」が気になり、不安になり、「もしかして・・・別の男と?!」なんていう嫉妬に繫がることでしょう。

4.複数で集まるイベントに参加する

例えば「会社の忘年会で」とか「高校の同窓会の誘いが来て」など、男女混合で集まる場所への参加は、彼氏の嫉妬を誘う効果があります。

「大丈夫?終わったら連絡を入れてよ」と、彼氏はあなたに釘を刺すことでしょう。でも連絡を入れるのでしたら、あえて、かなり遅い時間にしましょう。

例えば22時解散の予定であるなら、「終わったよ」の連絡を入れるのは24時とか、午前1時あたりが理想です。

あなたからのメールを今か今かと待っている彼氏に対して、「なんでメールがないの?もしかして、男と盛り上がっていたりして・・・」などと嫉妬させることができますよ。

ダメ押しに、次に彼氏と会ったときには、「いや~、ごめんね、なかなかメールできなくて。盛り上がっちゃってさ。すごく楽しかったのよ」なんて、意味深なセリフを伝えましょう。

「えっ、男と?!」と想像させられるので、さらに彼氏の嫉妬を煽れることでしょう。

5.彼氏のタイプを見極めながら判断を

あなたの彼氏は、嫉妬深いタイプですか?

例えば、「どこに行くにも逐一連絡を入れてね!俺以外の男の連絡先は、メモリーに入れないでね!業務上で必要な会話以外は、他の男と会話ダメ!」・・・なんて嫉妬深いタイプの彼氏であったなら、「スパイス」はあくまで微量にしておきましょう。

しかし、何をするにも「いいよ、いいよ。OKだよ。君のすべてを受け入れるよ。ありのままの君が好きだからさ」なんて寛大なタイプであったなら、この「スパイス」作戦は効果的でしょう。

嫉妬を上手に操るテクニックを身につければ、恋愛にハクがつきます。まったりした付き合いも良いですが、時々はビシッと引き締めることも必要ですから(^^)

まとめ

彼氏を嫉妬させることで、恋愛に良質の刺激を加えることができます。

しかし、嫉妬の程度には個人差があります。男性と話しているだけで嫉妬する彼氏もいれば、男女混合の飲み会に参加すると言っても笑顔で送り出してくれる彼氏もいることでしょう。

彼氏のタイプを見極めながら、適切な量でときどき「スパイス」を入れてみてくださいね。適度な刺激は、恋愛を一層長続きさせることができますよ(^^)。

あなたの「魅力」を好きな人にうまくアピールできますか?
自信を持って伝えることができますか?

恋愛テクにこだわり過ぎてもダメ。

【メンタル】に目を向けていない人もいますが、恋愛もコミュニケーションのひとつ。メンタルときちんと向き合い、見直すことで恋愛は大きく変化するのです。

>恋愛診断はこちら!

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. たとえテリトリーを侵されてもOKな人・NGな人 いつもは気にならないBくん…
  2. あまり気にしていなかった異性に自分の悩みごとを話をしていたら仲良くなった。特別な存在になった。このよ…
ページ上部へ戻る