彼氏が部屋に来るとき、ここだけは掃除しているというところは?

とつぜん、彼氏があなたの部屋に遊びに来ることになった。
やばい、やばすぎる。

本来なら、部屋全体を綺麗にしたいけれど、彼が来るまで時間がない。そのようなとき、あなたは、彼氏が来るまでの間、最低限、掃除しておきたいところはどこでしょうか?

今回も、事前にいただいたアンケート結果をもとに記事を作成してみました。

Sponsored link

1.玄関回り

彼が部屋でいちばん最初に目に入るところが玄関回りですよね。人でいういわゆる第一印象がココで決まるので、必ず彼氏が来るときには玄関回りを綺麗にするのではないでしょうか。

私も玄関の靴は全て靴箱の中に片付け、砂をほうきで掃きます。家に入るとき、やはり玄関が綺麗だと気持ちいいですもんね。

2.トイレ

トイレなどの水回りは絶対に掃除するという意見が多数。彼氏が家に遊びに来るとなれば、どんなに短い滞在でもトイレは使いますし、その後には手を洗いに洗面台を使うからです。

トイレに関して言えば、男性は便座を上げる可能性もあるので、便座の裏なども綺麗に拭きあげるなど、見えないところも念入りに洗う人が多いようです。

玄関、トイレ共にきつくないナユラルグリーン系の香りがする芳香剤を使うなど香りにも気を付けておきたいですね

あと洗面台は、汚いと排水溝が詰まって、少量の水でも流れにくくなります。

1分もあれば掃除できる場所、かつ汚れが分かりやすい場所なので、時間がなくてもここは必ず掃除したほうがよさそうですね。

ありきたりかもしれませんが、トイレやお風呂などの水周りは毎回きちんと彼が来る前には綺麗に掃除しています。 やっぱり水あかやカビがあったら気持ち悪いと思うし、ただでさえ汚い部分は見られたくないので、トイレは特に気を遣います。

汚物入れやナプキンなどは見えない位置にしまって、生活感を出さないようにしています。(30代・kakuさん)

彼氏が部屋に来るとき、トイレだけはきれいに掃除しています。トイレが汚いと不衛生な印象を与えてしまうと思うからです。ぞうきんできれいに掃除をしていますし、トイレマットも前日までに洗濯しています。

あとはトイレの壁もぞうきんで拭きます。彼氏にトイレいつもきれいだねと言われてうれしかった記憶があります。水回りはきれいにするのがいいと思います。(20代・アンパンマンさん)

もちろん、お手洗いです。だって、女の人は便座をあげないでしょ?もしも、男の人がお手洗いを使って便座をあげて、汚れていたら幻滅じゃないですか。念入りにガシガシと掃除しますよ。

それ以外にも、どこに目をつけられるかが不安なので、部屋中しっかりお掃除しておきますね。それから、グラスの底などが汚れていたら嫌なので、ピカピカに磨いておきます。(20代・パン大好きさん)

3.キッチン

優先順位は「トイレ→キッチン→お風呂」。トイレの次に水回りで重視しているところがキッチンという意見が多かったです。

キッチンも自然と目に入るところ。だから、私はキッチンは生ごみを捨てたり流しをスポンジで磨いていました。

一番生活が見えるところだとおもいますし、ココが汚いと、普段の生活も疑われてしまいます。

見えるところの掃除機をかける作業とトイレ、お風呂掃除、キッチンは絶対に綺麗にしてました!

水回りはホコリが落ちているよりも綺麗にしておくべきだと思います。 あとは下着とかも綺麗に並べときました笑笑 なによりも大切なのは洗濯物や洗う食器などをなくしておくことだと思います。(30代・みさとっちさん)

4.お風呂

水回りで第3位の「お風呂」。
水アカなどそのままにしておくと汚いと幻滅される可能性大。

ロンドンブーツの淳さんもココに女性芸人宅に訪れたとき、お風呂を厳しくチェックしていましたが、意外と男性はお風呂をじっくり見ているものなんですね。

お風呂は24時間換気なのでそこまで気にするほど汚れることもないのですが、髪の毛は必ずとって排水口も軽く掃除しておきます。

汚れは変なにおいの元にもなるし、「綺麗だね」と言われるとうれしいので気を付けてますよ。(30代・okabeさん)

彼氏が部屋に来る前には、洗面台、キッチン、シンク、トイレ、お風呂などの水回りは掃除していました。 昔から「水回りが汚い女はやめとけ」というそうです。

水回りを綺麗にしておかない女はだらしないということに通じるというようなことらしく、私はそれを信じていました。だから仕事で帰りが遅くなっても、その掃除だけはやるようにしていました。(20代・moeさん)

Sponsored link

5.ベッド

絶対に掃除することをは「ベッド」 やはり何があるか分からないからこそ常に色々な事態を想定していい香りがしたりしておきたいですよね。いざベッドに入ったとき、髪の毛が散乱していると気分が下がってしまう可能性が高いので片付けたいところです。

あと暑い日が続くと匂いがあるかもしれないので消臭などもしっかりしたいですね。

ベットがいい匂いすれば入り込みやすいですし、女性を感じやすいと思います。 この他の場所は男性はあまり意識していないと思いますし、やはり一番意識しているであろうなおかつ目につきやすいベッドの片づけは必須だと思います。

身の回りの服や、雑誌、少しでも居心地が良くなるように、ゴミや部屋の匂いがしないかチェックします。また、幻滅されないように、なるべく部屋全体が綺麗に見えるように整理整頓を行ったりしてますね。

お泊りの場合は、ベッドのシーツの汚れや枕の匂い、布団全体に髪の毛が残らないように洗濯をし、粘着ローラーをかけて徹底的に掃除をするように気をつけています。(20代・ヤドカリンさん)

6.ソファー

ソファーで彼氏と一緒に楽しく過ごしているのに、そこにゴミや髪の毛があると気が気でなくなります。ふたりで一緒にいる時間が長いからこそ、しっかりと掃除しておきたいところ。

ソファーのゴミは見落としやすい場所のひとつ。
他の場所が「大丈夫!」と思ったら、最終確認でソファーを確認してみるといいですよ。

私が住んでいる家のリビングは、日当たりが良く、リビングの居心地の良さに彼が気に入っているので毎回掃除しています。リビングは、彼が家に来た時1番長い時間いる場所にもなるので。

掃除苦手で大雑把な私でも、リビングは、日当たりがいい分、床にゴミが落ちていたりソファーの髪の毛など目につくので気にして掃除機かけています。(30代・DIYさん)

7.床・カーペット

私がいちばん気にしていたところは床の上ですね。床は家の中を歩くときに必ず相手の肌に触れる部分なので、髪の毛が落ちていたりホコリがたまっているようなことがないように、きちんと掃除機をかけています。

髪の毛やホコリが落ちてないか、掃除機をかけた後、やたらとコロコロをかけました。

また物が散乱して落ちてないかとか、洗濯物が出しっぱなしになってないかとか、とにかく足の踏み場を確保していました。自分自身が床の上が汚いと、なんとなく座るのも嫌な気分になっていたので、床の上は本当にきれいにしていました。

同じような意見を多くいただきましたので、水回り以外で床を気にしている人は本当に多いと思います。

以前とても可愛くて清潔感のある友達の家に行った時、座って待っててと言われてカーペットに座って待っていました。その時よくカーペットを見てみると髪の毛がたくさんくっついていて、その子に対する見る目がかわりました。

女から見てもそう思うので、彼氏が来る時には落ちている髪の毛は一本もないくらい掃除をしています。(20代・ごまさん)

彼氏が部屋に来るとき、床だけは掃除しています。床の上にカバンや仕事の書類などを乱雑に置いてしまいがちなので、片づけています。床に直接座ることもあるので、「うわっ」と思われないように髪の毛やお菓子、ゴミが落ちていないように気に掛けています。

床の上がすっきりしていれば、机の上や棚はある程度整えるだけですっきりして見えますので、やはりすぐに掃除してます。(20代・sayaさん)

床だけは必ず掃除します。男性は髪の毛が短いので普段床に髪の毛が落ちていてもあまり目立たないですが、女性の髪の毛は一本でも落ちていると結構目立って、それが不潔な印象を与えてしまうかもしれないからです。

特に床に明るい色のラグなどを敷いていると、落ちている髪の毛が目立ってしまうので、掃除機を念入りにかけます。(30代・モルツaさん)

8.匂い対策

変な匂いがついてないか、部屋全体にファ〇リ―ズを振りかける…といった最後の悪あがき?的なコメントや、いつも住んでいると匂いに鈍感になるので、消臭は念のためしておくといった意見が多かったです。

まとめ!

元彼のモノがないか最終チェックするといった面白い意見や、BLの本を隠すといった必死感のある意見もありましたw

棚を開けるとBLの本が雪崩のように落ちてくるような修羅場だけは避けたいですね笑
やはり、日頃からの整理整頓は大事です。

あなたの「魅力」を好きな人にうまくアピールできますか?
自信を持って伝えることができますか?

恋愛テクにこだわり過ぎてもダメ。

【メンタル】に目を向けていない人もいますが、恋愛もコミュニケーションのひとつ。メンタルときちんと向き合い、見直すことで恋愛は大きく変化するのです。

>恋愛診断はこちら!

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. たとえテリトリーを侵されてもOKな人・NGな人 いつもは気にならないBくん…
  2. あまり気にしていなかった異性に自分の悩みごとを話をしていたら仲良くなった。特別な存在になった。このよ…
ページ上部へ戻る