今日1日の出来事をメールしてない?

私が昔、気になる男性によくしてしまっていた失敗が「今日1日の出来事メール」を送ってしまっていたこと。

たとえば、

「今日はね、駅に向かう途中に黒猫が私の方を見て、近づいてきたと思ったら急に逃げ出したの!」
「どこ行くのかな?っと思って行き先を見ようとしたら水溜りに足をつっこんでしまって…靴が汚れてしまったんだよね!」
「…でね、嫌な気持ちで会社に行ったんだけど、会社の上司がすごく機嫌がよくて、嫌な思いも一気に吹っ飛んじゃった^^」

 

さて、男性の本音はどうなのでしょうか?
このサイトを見てくれている人はもうわかりますよね?

 

そうー「結局、お前は何を俺に言いたかったんだ?」です。

Sponsored link

1.男性の返事のパターン!

冒頭のようなメッセージを男性に送ったときの返事パターンはだいたい決まってます。

簡単に言ってしまえば…

・へ~
・そうなんだ
・大変だったね!(または、良かったね!)

これくらいテキトーな返事を返されてしまうことが多いです。「冷たい…!」と思うかもしれないけれど、けっこう、このような反応ってフツーだったりする^^;

まぁ、男性視点に立てば、ハッキリ言って「その程度の返事しか思い当たらない…。」というのが本音なんです。彼にとっては精一杯の返事が「へ~」であったり、「そうなんだ」であったりするわけ。

ひょっとしたら、あなたも気がつかないうちに、あともう少しで恋人になれそうな片想いの男性やすでに恋人関係にある男性に対して、返事に困ってしまうようなメッセージを送ったりしているかもしれませんね。

2.どのようなメッセージを送ったらいいの?

「彼のことが好きだし…私のこともっと知って欲しい。」
「1日の出来事を話すのもコミュニケーションのうちのひとつだよ!」
「もっと彼と話したいもん!」

気持ちすっごくわかります。私自身がしていた失敗だからこそ、余計に…かな。だから、ちょっとひと工夫のテクニックについてご紹介していきます^^

たとえば、同意を求めるよりも彼も経験から返事ができるようなメッセージの内容にしてみるのです。

「駅に向かう途中に黒猫が私の方を見て、急に逃げ出したから、不吉な予感がしていたんだけど、案の定、水溜りで靴を汚してしまったんだよね!上司が機嫌が良かったことが唯一の救いだったけど…。Aくんは最近、朝から運が悪かったことある?」

このように、「はい」か「いいえ」しか答えることができないメッセージではなく、相手の意見を求める方法をとると、相手も返事が返しやすいのでいいですよ^^

3.バランスが必要

今日の1日についてメッセージを送ることが悪いことではありません。
そこから会話が広がったりするからです。

質問を交えたメッセージをときどき入れるだけで、いつも一方通行の会話を回避できるようになるテクニックなので、逆に毎回、毎回、彼に質問を交えたメッセージを送ってしまうのも、またクドイと受け取られかねません。

たとえ、LINEでも会話はふたりでするもの…という意識でバランスよく使いわけることが重要です。

まとめ!

男性は相手が何をいいたいのかわからないと「???」といった状態になってしまいます。そのため、返事を返したくても返せない…ということにもなってくるのです。

もし、彼にメッセージを送るのであれば、出来事メールは端的にすることがポイント!さらに、相手が返信しやすい内容にするのがベストだといえます。「出来事メール」で男性からウケがいいのは、出会ってまだ間もないころのように、まだお互いのことがよくわかっていない頃まで!

それ以外は、ひと工夫もふた工夫必要になってきます。

 

あなたの「魅力」を好きな人にうまくアピールできますか?
自信を持って伝えることができますか?

恋愛テクにこだわり過ぎてもダメ。

【メンタル】に目を向けていない人もいますが、恋愛もコミュニケーションのひとつ。メンタルときちんと向き合い、見直すことで恋愛は大きく変化するのです。

>恋愛診断はこちら!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. たとえテリトリーを侵されてもOKな人・NGな人 いつもは気にならないBくん…
  2. あまり気にしていなかった異性に自分の悩みごとを話をしていたら仲良くなった。特別な存在になった。このよ…
ページ上部へ戻る