明るい部屋より暗い部屋のほうが恋愛がうまくいく法則!

好きな人を落としたければ、部屋の明るさも意識するとうまくいきやすいという心理学を聞いたことありませんか?

 

じつは、モテると言われている人は、明るさが心理に与える影響を無意識のうちに理解していて、「ここぞ!」っというときに、ふたりで会っているお店も、その条件に合っていることが多いです。

 

では、どのような部屋の明るさだと、好きな人の心を引き寄せるチャンスが生まれるのでしょうか?そこで、今回は、心理学をもとに部屋の明るさで恋活の成否が影響することについて紹介していきます。

 

1.とある心理実験でのお話

とある心理学の実験で面白い結果が出ていたので紹介しますね。

 

まずは、実験のためにお互い面識のない、男女数名が集められました。
この人たちが実験のために連れていかれたところが…なんと!目の前が何も見えないほど真っ暗な部屋だったんです。

 

現代では、電気を消しても完全に真っ暗になることなんてありません。
時計、テレビなどの家電が光っていたり、窓から外の明かりがうっすらと照らしていたり…。

 

そんな経験がほとんどないような真っ暗な部屋に、実験とはいえ彼らは数時間、滞在させられたようです。

 

ただ、ここにいる人たちは、閉じ込められた…など追い詰められた状況ではなく、あくまでも実験で滞在しているので緊迫感はありません。…が、それでも不安は不安なので、少しでも解消しようと、自然と会話したり、少し動いたりして時間をつぶすなど、自由に過ごしたようです。

 

さらに、この実験では、明るい部屋でも同様のことが行われました。
部屋での滞在を指定された以外にはとくに条件が定められていないので、自由にくつろいでいたそうです。

 

この結果、どのようなことが起きたのでしょうか?

 

2.明るい部屋では…?

まず、【明るい部屋】での話です。

 

明るい部屋では、まわりの人がどのような人相や体格をしているのか、部屋のインテリアはどうなのかなど、視覚を通じてさまざまな情報を得ることができますよね。そのような状態で、見ず知らずの男女がいたらどうなるでしょうか?

 

イメージしてみるとわかると思いますが、初対面の方といきなり同じ部屋にいる場面に陥ったとき、居心地が悪いので、とりあえず自分のいるポジションを決めると思います。

 

ある人はソファに座ったり…
また、ある人は部屋の隅に座ったり…
テーブル付近にいたり…

 

きっとお互いの距離を空けてから、会話をしたり、空想にふけったりするのではないでしょうか?
実験でも、まずはそれぞれ1メートルくらいの空間をあけて、おしゃべりしていたそうです。

 

3.暗い部屋では…?

では、反対に【暗い部屋】では、どのような行動を取ったのでしょうか?

 

真っ暗で何も見えない…。
そのような状況でも、まずは明るい部屋と同じようにまずはおしゃべりを続けたそうです。

 

それはそうですよね。
いきなり暗い部屋に集められたら、不安ですし、誰がいるのか確認したくなります。

 

ただし、それも30分まで。
しだいに会話もなくなり、やがて沈黙を迎えるそうです。

 

沈黙のあとも実験は続いているので、とうぜん、部屋から出ることはできません。部屋から出れないのであれば、どのようなことが起きるのかというと…なんと、お互いに触れ合ったり、抱きしめ合ったという行動に出たそうです。なかには、性的な感情を覚えた人もいたとか。(心理学でいえば、このような行動を親和行動といいいます。)

親和行動

複数の動物間で見られる親愛の情を示す行動のこと。 猿で言えば「ノミ取り」、人間で言えば「ハグ」や「キス」に相当します。

4.明るい部屋と暗い部屋で結果が異なったのはなぜ?

明るい部屋と暗い部屋では、なぜ男女の行動が異なったのでしょうか?

 

答えは簡単。

暗いと匿名性が増すため、社会的制約がなくなります。
つまり、本来もっている身体的行動に走りやすくなるというわけなんです。

 

部屋が暗くなればなるほど、理性で押さえつけているものが緩和される…のであれば、恋活でも、使えそうですよね。暗い部屋にすることで、彼(彼女)の制約が緩和され、心の壁が崩れやすいのであれば、うまくいきやすいのは当然です。

 

もちろん、真っ暗な部屋に連れていくことなんてできませんので、恋活では、明るい部屋と暗い部屋の中間の「薄暗い部屋」がベスト。照明を落としてあるカフェやバーでもOK。そのような空間にいると、いつもより積極的な気持ちになりやすいというわけなんですね。

 

だから、デートのときに、より親密になりたいと思う人がいたら、あえて「薄暗い部屋」に連れていくとイイというわけなんです。

 

5.モテる人は自然にこの心理をおさえている

薄暗さだけでなく、あわせてリラックスできる空間を提供するとさらに効果あり。
より、無防備になりやすいです。

 

そのため、カップルシートのようにふかふかソファにすべすべカバー。そしてクッション。肌ざわりがイイものが揃っているような心落ち着く環境だと、人は日頃よりも心を開きやすくなるというデータもあります。

 

いまよりも、一歩前進したいというときには、環境のチカラも利用するのが、モテる人の鉄則というわけなんですね。

 

まとめ!

気になる人がいたら、積極的になろうとする勇気も大事ですが、あなただけのチカラだけでなく、まわりのパワーも借りることで、より恋活もスムーズにいきやすくなるものです。

 

人の心理を利用すれば、あなたの恋活をかならず後押ししてくれるので、利用できるものはどんどん利用していきましょう。

 

あなたの「魅力」を好きな人にうまくアピールできますか?
自信を持って伝えることができますか?

恋愛テクにこだわり過ぎてもダメ。

【メンタル】に目を向けていない人もいますが、恋愛もコミュニケーションのひとつ。メンタルときちんと向き合い、見直すことで恋愛は大きく変化するのです。

>恋愛診断はこちら!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. たとえテリトリーを侵されてもOKな人・NGな人 いつもは気にならないBくん…
  2. あまり気にしていなかった異性に自分の悩みごとを話をしていたら仲良くなった。特別な存在になった。このよ…
ページ上部へ戻る