「恋愛したいのにイイ人がいない!」そんな女子が素敵な恋愛をするためのメソッド☆

「私は恋愛したいのよーーーー!」

あなたがどんなに叫んでも、まわりを見ると…あら残念!「NG男性」ばかりで恋愛対象すらならない…。「なんで…なんで私だけ…私のまわりだけ変な男性ばかりなのよ!!!」など、毒を吐きたくなる衝動に駆られることありますよね(><;)

 

おそらく、このブログを読んでいる女性の99%以上から共感を得られると思いますが「そろそろ恋愛したいな」と思ったときに限って、まわりに恋愛対象となる人はいません(^^;)

 

たとえ、頑張って見たとしても「うん、いい人だわ。100%イイ人だわ。」「うん、まぁ、ねぇ…」としか思えないような男性ばかり…。

問題点・現状を変えるのはまず無理!

…とある恋愛本には、環境を180度変えることがオススメと書かれていました。確かにー「このままじゃいけない!」とはわかっているけれど、私には仕事もある。プライベートもある。環境をガラリと変えるために転職や引っ越しすることなんて簡単なわけない…ですよね。

 

お金も余裕がありません!

 

大幅な「現状改革」は無理と確信したなら、どうするのかー?答えは簡単。いまの環境のまま素敵な恋愛をするしかないんです。では、どうすればいいのでしょうか?リア充でハッピーな毎日を送るために、一緒に考えていきましょう♪

 

提案1.「好み」のハードルを下げてみる

ひょっとしたら、あなたの心の中でハーレクインのように、大富豪でイケメンで強引で…「俺に抱かれたいんだろ?」というような男性がとつぜん目の前に現れることを望んではいないでしょうか?そんなのはあり得ないとわかっていても、それに近い希望を持った女性はいます。

 

まぁ、理想像は誰にでもあるけれど…ね。

 

もちろん、私もぶっちゃければ、

・優しくて、背が高くて、足が速いスポーツマン♪
・知的な面もありながらユーモアセンスを持っている。
・外見がカッコイイ男性です♪

 

さらに、さらに…

できれば、私と好みのテレビ番組が同じで、趣味も似通っていて、話が合って、リーダーシップもあって、情に厚くて、意外にも涙もろい男性であれば尚良いです・・・。

 

さて、あなたは、私の理想像を聞いてどのように思ったでしょうか?

 

「夢を見るのは自由だよね。」「そんな男性、いないよ!」と思うはずです。(当社調べw)私自身、パッと読み返してみただけでも「条件多いな!そんな男性いないよ」って思います(^^;)。

 

1-1.本音ではたくさんの条件を掲げていませんか?

いまの私の理想を聞いて、なかには呆れた人もいるでしょう。けれど、こと自分のことになると、無理とわかっていても、理想にすがりたくなる。あきらめきれない自分がいませんか?

 

他人のことになると冷静で「現実を見ろよ!」というコメントができても、自分になるとうまくコントロールできない女性は多いんです。

 

このパターンは私やあなただけではありません。

 

表向きは「優しければそれでOKなのよ」とか「面白い人が好き!」とか公言していても、ガチで考えれば意外にどんどん条件が出てくる人、絶対多いです

 

だからこそ、だからこそです。

「あなたが掲げた条件のすべてを、完全に満たしている男性なんて存在しない!」

ということを改めて考えてみましょう。

 

1-2.オールマイティの男性はいない

スポーツ万能+勉強が得意+性格が良い+ルックスが良い=この世の生き物ではありません。

 

新たな方程式が完成しました!
えっへん♪

 

人って誰しも得意分野もあり、苦手な分野もある。たとえば、スポーツができたとしても、勉強が少々苦手だったり、あるいは性格がとても良い好青年だったとしても外見が中の下・・・ということだってあるでしょう。

 

すべてのステータスが「☆5」なんて、ありえません。どれかが良ければ、どれかのステータスが低めなのです。そうですね。【シーソー】あたりをイメージしてもらうとわかりやすいのではないでしょうか。

 

何かが高ければ何かは低めで、平均的にバランスが取れた男性というのは「いい人」止まりの人、ということです。もう少し、男性に求める条件を減らしてみませんか(^^)。

 

完璧な人間なんて存在しません。そのことに気づくのが早ければ早いほど、素敵な男性を見つけることができるはずです。

 

1-3.譲れない条件は1、2個に絞るだけでいい

彼氏を探しいるときは、なぜかその視点は名探偵になったかごとく【細かい視点】【細かい分析】【推理】など頭が巡りがち。さらに相手の短所を見つけるのは超一級品なんですね。

 

だから、いい人と出会っても「あーぁ、こういうところさえ無ければなぁ」と、“あと一歩”のところでNG判定を出すことが多いんです。(本人は気が付いてないけどね^^;)

 

そのようなことがないために、あなたの見る視点を強制的に変える必要があります。まずすべきこと…それは「どうしても譲れない条件」を、一個二個に絞ること―です。そうすれば、ぐんとあなたの「ヒットゾーン」は広くなります。

 

例えば「浮気をしないこと」「女性に優しいこと」の二点だけを条件として掲げる。多少スポーツが苦手でも、多少勉強が苦手でも、どうしても譲れないところではないので、彼のことを好きになると「そのようなところも含めて好き」になってしまいます。

 

2.周囲の男性の言動を深読みしてみる

残念過ぎるくらい男性からの必死のアプローチに気付かない女性がいます。

 

ここで、私の話。

学生時代に知り合った男性はいつも「彼女欲しいなぁー!いい子いない?」と言っていました。私は彼に恋愛感情はありませんでしたが

「私だって女なのに!」
「私が横にいるのに、私の存在をすっ飛ばすなんて…」
「他の女性を求めてるって、どういうこと(怒)」

と、その口癖を聞くたびに不愉快になっていました。
まぁ、いま考えれば滅茶苦茶ですw

 

でも、その男性と疎遠になってしばらくしたある日のこと…彼の友人から衝撃の一言があったんです。「あいつさ、お前のことが好きだったみたいよ。」だって。

 

オマエのことがスキみたい…?
美味しいの?それ?

完全に混乱しましたw

 

だって、私は彼の「いい子いない?」という言葉をそのまま鵜呑みにしていたので、それがまさか私へのアプローチだったなんて…微塵も気づかなかったんですよね。

 

アプローチの方法の良し悪しはともかく、そんなに一生懸命にアプローチしてくれていたのなら「もし付き合ったら幸せにしてくれただろうな…。」と今でもふと気になるときがあります。あなたも、周囲の男性の言動を深読みしてみませんか?

 

視点を広げて見てみると彼氏候補がたくさん

女性は、追いかける恋愛より追いかけられる恋愛のほうが幸せになれると、よく聞きます。実際に、私もそう思います!

 

あなたの周囲の男性が仕掛けてくる、「私のこと見えてないの?」とか「なんでそんなにイジワルばかり言ってくるわけ」と思ってしまうようなカチンとくる言動は、もしかしたら、あなたへの不器用なアプローチなのかもしれませんよ!

 

女性は、愛されるほうが絶対に幸せになります♪「この人、もしかしたら私に気がある?」と気になったら、その人を彼氏候補に加えてみてはいかがですか?

 

「とりあえず、お試しで・・・」と付き合ったとしても、もしかしたらそのままハマるかもしれませんよ♪

Sponsored link

 

3.友人に紹介を頼む

好きで告白して付き合ったはずなのに、いざ交際スタートすると「あれ?」と思った経験、ありませんか?

 

「遠くから見ているだけのときは分からなかったけど、意外に話が合わない」「価値観が合わなくてケンカばかり」・・・なんて経験、誰もが一度や二度はあるのではないでしょうか。

 

その点、友人に紹介を頼めば安心です。友人は、あなたの性格や価値観、長所から短所までほとんど把握しているので、そんなあなたにぴったり合う男性をマッチングしてくれることでしょう。

 

例えば婚活パーティーなどと違い、「身元不明、素性不明」の状態での対面ではないので、友人を介した間柄ならお互いが打ち解けるのも早いですよ♪

 

4.いい女のオーラを磨いて、モテまくる!

いい人がいないのなら、男性からモテまくれば、あなたの「選択」の幅も広がります☆

 

彼氏がいないこの期間を活用して、自分磨きをしてみてはいかがでしょうか♪

 

雑誌で研究して最先端のファッションに身を包むも良し、「モテヘア」をオーダーしてヘアチェンジするも良し、ちょっと奮発したメイクパレットでメイクして女子力を上げるのも良いでしょう♪

 

キレイになっていくと、自然に心にも余裕が出るものです。キラキラしたオーラは、男性を惹き付けますよ。モテモテになって、あなたに寄ってくる男性の中から一人を選ぶのもアリではないでしょうか(^^)。

 

まとめ

環境を変化させないままで、素敵な男性を見つける方法をお伝えして参りましたが、いかがでしたか?

 

「いい人がいない」と嘆いていても、「いい人」が白馬に乗って迎えに来てくれるわけではありません。ご自身の考え方を少し変えるだけで、彼氏候補の数はぐんと増えますよ。あるいは自分磨きをして、男性のほうから寄ってくるのを待つのも良いかもしれません。

 

愛される女性を目指していれば、それに引き寄せられるように素敵な出会いが近づいてくることでしょう(^^)

 

あなたの「魅力」を好きな人にうまくアピールできますか?
自信を持って伝えることができますか?

恋愛テクにこだわり過ぎてもダメ。

【メンタル】に目を向けていない人もいますが、恋愛もコミュニケーションのひとつ。メンタルときちんと向き合い、見直すことで恋愛は大きく変化するのです。

>恋愛診断はこちら!

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. たとえテリトリーを侵されてもOKな人・NGな人 いつもは気にならないBくん…
  2. あまり気にしていなかった異性に自分の悩みごとを話をしていたら仲良くなった。特別な存在になった。このよ…
ページ上部へ戻る